ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 古材問屋 営業再開のお知らせ | main |
2020.05.23 Saturday

茶室、数寄屋の材料が入荷致しました。

昭和16年に建築された、純数寄屋造りの家屋から、外しやすい建具を引き揚げてきました。80年近く経っているとは思えないほど、

建物の状態が良く、壊すのは本当にもったいないのですが、建て替えのスケジュールも決まっていて、残す事は難しい状況でした。

もっと早く、情報が入っていれば、いろいろなご提案が出来ていたと思います。

 

竹をうまくデザインした組子障子や、繊細な雪見障子、ネコ足?模様のふすまの取ってなど、日本伝統のデザインがちりばめられた、素晴らしく洗練されていて、ため息が出るものばかり。

でも、お茶室や数寄屋は、細かいものが多くて、解体しても持って帰れないので、いつも記憶に留めるように、じっくりと見学させて頂いています。二度と建てれないとは言いませんが、再建するには莫大なお金がかかるでしょう。

また日本の財産が失われてしまいます。

古材問屋が再生修繕してきた、物件を見ていただければ、きっと考えが変わるお客様もきっと増えるはず。

もっと早い段階で、情報が入るようなホームページに作り変える打ち合わせを進めていますので、出来上がり次第またご報告致します。

今回入荷した、数寄屋の建具は、ウェブショップにて、随時アップいたします!

ぜひ、ご覧になって下さい。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album