ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 木組みを磨きました | main | GW営業日 >>
2016.03.18 Friday

一皮捲れば

昨年夏より山口県にて古民家のリフォームを行っているのですが、
今年より本格的な工事が始まりました。

先日、工事に使用する木が足りないと連絡を受け、倉庫に置いてあった差し鴨居を製材していた時のこと、
プレーナーで一皮捲ると何とも大変に美しい杢目が現れました。
 

赤身と白身のコントラストが見事です。

100年くらい経っている古材ですが、一皮捲れば新品のように綺麗に甦ります。
これぞ正に古材の魅力。

これをカウンターの天板として仕上げお酒を飲んだら最高だろうなぁと思いつつも
構造材として旅立って行きました。

古民家での立派な活躍を願います。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album